産着レンタル 茨城

産着はレンタルがおすすめです

産着,レンタル

赤ちゃんが誕生してから生後約1か月たつと、お宮参りを行うのが一般的ですね。お宮参りは氏神様に対して赤ちゃんの誕生を報告し、その健やかな成長をお祈りする行事になります。赤ちゃんが初めて経験するイベントだといっていいですね。

 

お宮参りでは両家の両親を呼んでお参りをしてから、どこかで食事会を開催するのが一般的です。お宮参りに出かけるときは原則フォーマル着用になりますね。

 

もちろん赤ちゃんもフォーマルを着せるのですが、掛け着や産着と呼ばれるフォーマルスタイルでお宮参りに出かけます。掛け着や着物のようなタイプで母親が赤ちゃんを抱っこして掛け着を着せます。

 

また産着はセレモニードレスとも呼ばれており、レースがあしらってあるなど華やかさが感じられるものになります。

 

赤ちゃんの成長は早く、数か月で体も大きく成長しますので掛け着や産着を購入してもその後着る機会がかなり限られてしまいますよね。そこでお宮参り用にレンタルをする方も多いですよ。

楽天で産着レンタルできるところまとめました

京都きくや

きものレンタル 京都きくや

京都きくやでは赤ちゃんのお宮参り初着レンタルを行っています。京都きくやでのレンタル期間は基本的に3泊4日です。

 

茨城から産着をレンタルするとよだれかけなどセットで一式ついてきますので、他に何かを用意する必要がないのも嬉しいですね。また赤ちゃんが誕生してから100日目に行うお食い初めの行事がありますが、お食い初めで使用する着物もレンタルできますよ。

 

お食い初めを行う頃はまだ離乳食も始まっておらず形だけで行いますが、記念として写真は残したいですよね。その時も普段着ではなくフォーマルな着物や産着を着用させておくと記念に残りますね。

 

また使用日の7日前までなら商品を変更することも可能ですし、天候などの都合でお宮参りの日程が変わったときも柔軟に対応してくれますよ。

 

⇒京都きくやの産着を見てみる

e-きものレンタル

e-きものレンタル 楽天市場店

e-きものレンタルはお宮参りで使用する産着がレンタルできるお店です。常時70着以上の産着を揃えていますので、選択肢も豊富にありますね。

 

たとえば双子の場合でも双子でお揃いや色違いの産着が選べるようになっています。e-きものレンタルを利用した場合のレンタル期間ですが、お宮参りの2日前にレンタル品が届くように手配してくれますので、レンタル期間は3泊4日になりますね。

 

あまりギリギリになってからレンタル品が届いてしまうと、運送会社の手違いなどでその日に届かなくなることも十分考えられます。

 

また実際に届いてみてからママも合わせる着物やワンピースを選んだりと、時間に余裕も生まれるでしょう。赤ちゃんがいると準備する時間も限られますので、余裕を持ってレンタルをしておきましょう。

 

⇒e-きものレンタルの産着を見てみる

着物レンタル365

着物レンタル365

お宮参りは一日しかありませんので、赤ちゃんに着せる産着はレンタルすると言う方も少なくありません。

 

自分が赤ちゃんの時に購入した産着があるときはそれを使用する方もいらっしゃいますよ。茨城にも産着のレンタル店もいくつかありますが、着物レンタル365も利用者の多いレンタルショップのひとつです。

 

着物レンタル365は品揃えが大変豊富で、190着以上の産着が揃っていますので気に入ったデザインが見つかりやすいでしょう。

 

当日余裕を持って間に合わせられるようにお宮参り当日の2日前に宅配便でレンタル品を贈ってくれます。それなので着物レンタル365でレンタルをした場合は、基本的に3泊4日で産着をレンタルすることになりますね。

 

しかも他の付属品も全てセットになっているのもうれしいですね。

 

⇒着物レンタル365の産着を見てみる

京都衣裳華小町

京都衣裳華小町

京都衣裳華小町はお宮参りの産着がレンタルできるお店です。着物の種類が多いですから、赤ちゃんだけでなくママの着物も併せてレンタルできますよ。

 

2点以上レンタルをすると割引も適用されますのでお得です。京都衣裳花小町でのレンタル期間は基本的に4泊5日になります。

 

着物は洋服よりも取扱いに気を遣いますし汚したらと考えると怖いですが、京都衣裳華小町ではレンタル品返却時もクリーニング不要ですから楽ですね。

 

着物を脱いだら軽くたたんでバックに詰めて送るだけでOKです。赤ちゃんですから汚してしまうことも考えられますが、その点も相談に応じてもらえますので慌てる必要はありませんよ。

 

しかも往復の宅急便送料も無料なのも嬉しいですよね。

 

⇒京都衣裳華小町の産着を見てみる

お宮参りで産着や掛け着は必須

産着,お宮参り

赤ちゃんが誕生してから初めてのイベントお宮参り。お宮参りの時に家族写真を着せて写真撮影を行いますし、神様にお参りにいくときはフォーマル着用が礼儀とされていますので赤ちゃんにも掛け着や産着といったフォーマル着を着用させて出かけます。

 

掛け着の下は普段着を着てもいいのですが、やはりその後の食事会のことを考えるとフォーマルな形で出かけるのが望ましいですよね。

 

お宮参り用の産着もさまざまなタイプが販売されており、手頃な値段で手に入るものもありますので購入する方もいるでしょう。しかし購入しても着る機会がほとんどありませんし、赤ちゃんの成長も早いですからレンタルで済ませると言う方も少なくありませんよ。

 

お宮参りでは掛け着を着用しても産着を着てもどちらでも構わないのですが、ママやパパの服装と併せて選んでもいいですよ。ママがワンピースやスーツなどの洋装であれば産着のほうが合いますが、好みに合わせて選んでいいでしょう。

水戸市 日立市 土浦市 古河市 石岡市 結城市 龍ケ崎市 下妻市 常総市 常陸太田市 高萩市 北茨城市 笠間市 取手市 牛久市 つくば市 ひたちなか市 鹿嶋市 潮来市 守谷市 常陸大宮市 那珂市 筑西市 坂東市 稲敷市 かすみがうら市 桜川市 神栖市 行方市 鉾田市 つくばみらい市 小美玉市 東茨城郡茨城町 東茨城郡大洗町 東茨城郡城里町 那珂郡東海村 久慈郡大子町 稲敷郡美浦村 稲敷郡阿見町 稲敷郡河内町 結城郡八千代町 猿島郡五霞町 猿島郡境町 北相馬郡利根町